入社から一年。新人山上のやりたいこと。

みなさん初めまして、最近一人で映画館に行く事にハマっている新人の山上です。前年度の春に入社してから一年が経ちました。このブログの先輩の記事を見て就活をしていた僕からすると、こうやって自分が記事を書いている事が少し嬉しく感じています。

さてこの記事では、そんな僕が一年インフで働いてきて"今、思う今後やりたいこと"を書き残して置こうと思います。就活生がどんな会社でも面接で聞かれるであろう「この会社でやりたいことはなんですか?」という質問ですが、僕も一年前に聞かれました。僕は映像のことを全く学ばずにインフに入ったので、その時は「世界中を回ってその場所を記録したい」なんてことを誤魔化しながら言ったと思います笑。コロナ禍でそんなことを中々考えもできないですが、もちろんその思いは変わっていません。よく先輩や現場でディレクターに聞く世界中が舞台のロケの話に、いまだにワクワクして憧れを抱くのです。僕は単身で海外に行って現地の人とふれあったりするのが好きで、そんなことを映像に表現するこれが一年前から今も変わらないやりたいことなんです!!

そして一年前より明確になったやりたいこともあります。一番は、番組テロップにカメラマンとして載ること。インフの先輩方に質問をすると、色んな話を展開して多くのエピソードを話してくれます。ただ意外と自分が初めてテロップに名前が載った時のことはあまり聞いたことがないんです。僕的にはそれがどうも気になっていて笑。というのも助手をやってるといつがカメラマンになるタイミングなのかってのを考えるんです。なのでそこは一つの大きな目標になる気がするんですね。だけどみんな喋らないのがなんか僕的にワンピースみたいに見えて何があるんだろうってこれもまたワクワクしてるんです笑。

次にやりたいことはドローンをオペレーションすること。これはつい先日、社長に同行してドローンを飛ばす仕事をしたということがあったからなのですが、やっぱり単純にカッコイイ!!!笑。船上から離陸して飛ばしたのですが、何度やっても上がる瞬間は興奮するんですね!!。どうしても男の性というかメカに惹かれてしまうんですね笑。ステディとかドローンとかオペレーションしてるカメラマンってもう漫画のキャラみたいです。僕もできるようになりたい…。

最後に。僕は今いろんな現場で多くの体験をして、カメラマンが作る画に感動して、「こういうの撮ってみたいなあ。」なんてことを日々更新しています。どんなフィールドや被写体に関係なく撮影の現場ではワクワクしています。その興奮がやりたいことへのモチベーションになっていて、また次の一年間への期待になっています。

1年で多くの経験と知識を得れたと思います。

忘れずに積み重ねれば

成長した自分ならどんな

フィールドでも活躍できると思います。

新しいことにもどんどん挑戦して

色々な現場に対応できるよう

とことんこれからも頑張ろうと思っています。2年目の自分は果たして何をやっているのかわかりませんが、ブログは更新していると思うので次回も読んでいただければ幸いです!最後まで読んでいただきありがとうございました!


山上日向



閲覧数:158回0件のコメント

最新記事

すべて表示