撮影部塩島の「今欲しい!」カメラ

皆様お久しぶりです、ガジェット大好き撮影部塩島です。


実は最近大学3年生の時から、かれこれ5年以上愛用しているカメラの調子が悪くなって参りました。(具体的にはズームレンズのフォーカスが動かない時があります…致命的ですね笑)

自分は雪山で吹雪のときもガンガン使っていたのでそれが不調の原因な気がします涙

「いよいよ買い換えるかなー」と悩んでいたときにブログが私の番になったので今回はタイトル通り「撮影部塩島は今カメラを買うならなにを買う!?」をテーマにしていきます。


まず、僕がカメラに求める条件

①ムービーだけでなく写真も撮れる

②防塵防滴

③レンズの豊富さ(サードパーティ製が充実しているか)



以上を踏まえて予算約20万前後のカメラを調べました!

自分は中古でも気にしないので中古市場も見ています。



エントリーナンバー1

SONY α7Ⅲ

実売価格 レンズキット 新品約23万円 中古約20万円

僕らが仕事でもよく使うSONYのα7シリーズのエントリーモデルです。

マウントはEマウント、フルサイズセンサー2420万画素です。

ソニーのいいところはAFの速さ、そして何よりサードパーティ製のレンズの豊富さです。

ドイツの名門光学メーカーZEISSなどがEマウントのとてもいいレンズを出しています。


しかし、このα7Ⅲ実は4K30Pまでしか撮れません…

「そもそも4Kなんて撮らないし…」という人も多いと思いますが、ガジェット好きを公言する筆者としては引っかかる部分があります。

そして、実はこのα7Ⅲの後継機であるα7Ⅳがすでに発表されています。

ですが国内発売は未定とのことです。ソニーさん!頑張って早く国内発売してください!



エントリーナンバー2

Panasonic LUMIX S5

実売価格 レンズキット 新品約26万円 中古約23万円



近年ファンを増やし続けているPanasonicのLUMIX S5がエントリーナンバー2になります。私も今Panasonicのカメラを愛用しています。

こちらはPanasonicのフルサイズモデル2528万画素、マウントはLマウントになります。

Lマウントといえば老舗カメラメーカーのライカが採用しているマウントですね。

もちろんライカ製のレンズも装着できる機種です。

そしてLマウントはPanasonic、ライカ、SIGMAの3社が提携してLマウントレンズを増やしていこう!という流れがあるのでこれからどんどんラインナップが増えていくと思います!

そしてこの機種は4K60pも撮れるので魅力的です!

ですが先述したとおり、Lマウント連携があるのですが、まだまだレンズの選択肢が少ないのが現状です。(そしてライカレンズはとても高価です汗)



いかがでしたでしょうか?

以上2機種が撮影部塩島が今欲しいカメラになります。

各メーカーしのぎを削るカメラ業界、次々と新機種が発売されますね。


ですが、カメラはあくまでツールだと僕は考えています。

基本的な技術を身に着け、柔軟な発想をができなければ、いくら高価なカメラを使ってもいい作品は作れません。


機材に頼るよりもまず自分の技術向上のために、今後も日々自己研鑽を積んでいきます!


もしカメラを購入したら次のブログはそのカメラで撮った写真が登場するかも?

今後ともブログ、Twitter、そして何より我々が手掛けた番組にご期待ください!


塩島



閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示