出張メシ

更新日:7月2日

みなさまこんにちは!

夏本番はこれからというのに驚くほど暑い日が続いていますね。今年の夏はどうなってしまうのだろうと怯えている汗っかきの撮影部平本です。


さて最近街中に人が増え、やっとコロナ前の日常に戻りつつあると感じている方も多いのではないでしょうか?


撮影現場でもコロナに関して気をつかうことが少しずつですが減っているように思います。しかし人がたくさん集まるのが撮影現場、まだまだ気が抜けないことがいっぱいです。特に「食事」は以前のような状況に戻るにはまだ時間がかかりそうです。


コロナ前は出張先で打ち合わせや交流を兼ね、スタッフみんなで食事に出かけることがよくありましたが最近はバラ飯(各々で食事)のことが多く少々寂しい気持ちになります。


今回のブログでは一日でも早く完全に日常が戻ることを願って、過去の出張メシをご紹介させていただきます。


まずはこちら、札幌のジンギスカン!

出張メシの一番の醍醐味はその土地の名物を食べること!ジンギスカンは苦手だったのですが、長い出張で何度も食べるうちに大好物になりました。


続いてはこちら、福岡の「ひらお」の天ぷら!お昼時はいつも行列ができているお店です。

揚げたての天ぷらが続々とバッドに乗せられていきます。おかわり自由のイカの塩辛がゆず風味の小憎いやつで、お米がいくらあっても足りません。


こちらは海外出張メシ、マレーシアの肉骨茶(バクテー)!

わたしはこんな美味しいものを知らずに生きてきたのかと悔しくなりました。スタッフみんなでワイワイ食べたのも良い思い出です。


ワイワイと言えばこちらも。

取材先の方々がおもてなしして下さったBBQパーティです!とある島で地元のみなさんと海を眺めながらの交流…!最高に素敵な時間でした。


まだまだ参ります、こちら!

出張メシ、民宿ver.です。繁華街から離れた土地での出張に多い民宿泊まり。こちらのお宿は写真の通り豪華で量もモリモリ、毎日ごはんが楽しみで撮影もモリモリがんばれました。


そして最近多い、こちら。

コロナ禍ではコンビニ飯が主流でした。また山中での撮影で周囲に食事できる場所がないときもコンビニに頼ることが多いです。種類も多く味も美味しいですが、どうしても栄養が偏りがちに。


そんなときはこんなごはん!


自炊です!

スタッフ全員で協力してごはんを作ります。長期自炊ロケになると、終わった頃には料理スキルが爆上がりしています。


こちらは山小屋に寝泊まりしていたときのごはんです。

日程と人数を計算して、なるべく軽く日持ちする食材を背負っての山登りでした。山小屋で食べるものはなんでも美味しく感じます。


そしてなんとこちらもキャンプメシ!

サバンナでのキャンプロケでしたが、料理担当の方が腕を奮って下さり毎日こんなステキごはんをお腹いっぱい食べていました!(ふとりました)


まだまだご紹介したい出張メシがたくさんあるのですが、止まらなくなりそうなのでこの辺にしておきます。


また気兼ねなくみんなでワイワイ楽しく美味しくご飯が食べられる日が訪れますように!!!


最後まで目を通していただきありがとうございます!


平本亜希


閲覧数:136回0件のコメント

最新記事

すべて表示